管理人のぽちっと情報

給湯器の中は?

こんな質問をされたことがあります。

台所や洗面所の蛇口から出るお湯とお風呂のお湯は一緒じゃないの?

台所のお湯はキレイなお湯しかでないのに、浴槽のお湯は汚れが出てくるんだけどなんで?

確かに不思議かもしれません、お湯を沸かす給湯器は一つなのにお風呂だけ汚れが出るのって不思議に思いますよね?これは給湯器のパネルを空けるとわかります。

これだけ見てもわかりませんよね、上の方に排気口が二つあるのはおわかりでしょうか?

大きいのと小さいのが一つづつありますよね、これは給湯用のバーナーと追い炊き用のバーナーが二つ付いているよ。ってことなんです。

台所や洗面所のお湯は給湯用のバーナーでお水を温めます、これは循環することの無いお湯なので常に綺麗なお湯が出続けます。一方追い炊き用のバーナーはお風呂の残り湯を温め直します。給湯用のお湯と追い炊き用のお湯は混ざることはありません。混ざったら台所からも汚れが出てきてしまいますからね、それで料理はできませんし衛生面でも悪いですよね。

追炊きはお風呂のお湯を循環させるのでどうしても汚れが溜まってしまうんですよ、だから洗浄が必要になって来るんです。でもお湯が出る穴は一つ、配管が一緒じゃないなら一つ穴っておかしくない?とお思いの方もいらっしゃるでしょう、これは給湯用の配管と追い炊き用の配管が途中で繋がっているからなんです。じゃ、混ざっちゃうじゃん!と思ってしまうのですが、この配管はバイパスといって一方通行の配管なんです。お湯は戻ることができないようになってます。

この仕組みがわかると「あぁ、やっぱりお風呂の追い炊き配管は汚れているんだな」とご理解していただけると思います。また、給湯器内にはゴムパッキンなども多く使われています。経年劣化でゴムが溶け出して浴槽にでて来ることもありますのでその時は交換時期ですのでメーカーさんなどにお問い合わせしてみてくださいね。(下写真)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください